めも

すきなこと用にめも

トリッパー遊園地

異種格闘技戦

舞台芸術って、こんなに種類があるんだなと、圧巻。

素敵な舞台でした。

劇団四季と、新派、河合さんソロのイメージが強めだったから、榎本さんが、劇の中心を支えてたんだろうな。

お芝居全体に、空想する余地とか、遊びが、結構あって、好き。


あと、全体的に、役者さんの個性、演技を大事にしていて、好き。


印象的だったのは、エールとして、万歳三唱を取り入れていて、それが、とても良かった

万歳万歳万々

万歳って、どうしても戦争ものだと、負のイメージがあるけど、
もしくは、外国に、かってに付けられてるけど、

あれ、千人針とかと一緒で、
徴兵された人に渡せる、生きる力、エールだったりするんだな、と実感

愛だな、と実感できる万歳三唱でした

天皇陛下、国王陛下、皇帝陛下、
大切な人の命を、永遠と称える、最大の歓喜の歓声

ちゃんと、日本憲兵に、男は死ねと、言葉にはせずに表現させてたのも、含めて良い


あれ、舞台でないと、表現難しいんだろうな

経済、宗教、政治、生活、
単純に難民として日本に来ていたり、日本から戦争へ行って帰ってきていたり

平和とは無縁の日本の中で、遊園地を守れるくらい、強くなるほど傷ついても、終わらない戦いと、幸せ

与えられていた幸せの、陰の犠牲、努力、歴史を心身に刻めることは、でも、幸せなんだろうな

けっこう、えぐい舞台でした

でも、幸せで、元気になれて、明るい印象しかない


トリッパー遊園地

とてもよい舞台芸術作品でした

シングル

A.B.C-Z
Black Sugar

すごく、素敵でした。
A.B.C-Z ファンじゃない方でも、
3形態、全部、おすすめ。

曲がいい。

作家の皆様、ありがとう。
えびさん、お疲れさまでした。
素敵でした。

BLACK SUGAR
横浜アリーナで披露された、この曲は、堂島孝平さん、作詞作曲なのですが、

堂島孝平さんといえば、KinKi KidsSexy Zone、あたりとの関係が、有名でしょうか。

第3のKinKi Kidsとして、愛されているシンガーソングライターさんです。

カップリングに、西寺郷太さん。

少年隊のファン兼フリーク兼、お友達。

錦織さん、えびさん、西寺さん、安定のえび座の顔並びが、シングルに来ました。

ONE MORE KISS 、元々は少年隊のために西寺さんが、つくっていた曲ですね。

西寺さんが、錦織さんの連絡先を間違えて登録していて、少年隊に提供、提案できずに、えびさんへ行くという。

なんだか、憧れからのすれ違いが、可愛い一曲です。
西寺さんが、錦織さんに憧れてなくて、ただの仕事関係者だったら、たぶん、連絡どうにかとって、少年隊に、この曲、提供されてた可能性、高そうですね。

そこら辺、木村さんと河合さんみたいで、男の人のジャニーズへの憧れって、端から見てて、可愛らしい。

一番が少年隊のため、二番からA.B.C-Zのために、つくられたんでしたっけ。
西寺さん、ジャニーズ、好きですね、愛ですね。

いいね!
編曲が、白井良明さん

堂島孝平さんがKinKi Kidsへ楽曲提供するきっかけを作ったのは白井良明さん
という、風の噂を聞いて、

ああ、ジャニーズの歴史が、紡がれていく
エモい、これが、エモい、か…

と、感慨に耽ったものでした。

作詞作曲も、ZA ABC の人が、入っていたような…

愛ですね。

SHOWTIME!
A.B.C with LOVE

は、えび座曲ですね。
円盤化を、どんなに望んでも行動しても叶えられそうにない2018の。

嬉しいんだか、悲しいんだか。

いや、嬉しいですけど。


ぜんぜん、関係ないんですけど、藤井隆さん、錦織さんと、お友達なんですね。
リスペクトしあってて、仲良くなれない、お友達。

なに、それ、可愛い、萌える、エモい。

藤井隆さん、ジャニーズと共演するとき、錦織さんのこと、ちょっと、思い出したりしてるのかしら。

可愛い。

日生劇場

日生劇場、奇麗な劇場なんですよ。

それで、A.B.C-Zは、日生劇場のアイドルなんですよね。

デビュー曲が、2つあって、Za ABC 5stars、と、moonlight walker。

どちらも、A.B.C-Zの曲として聞いても、素敵なんですけど、日生劇場の曲として聞いても、すごくいい。

日と生を足して星になるから、youたちは、5starsなんだよって、言われたらしいんですけれど。

その日生劇場花崗岩を使った劇場なんですね。
花崗岩は、マグマが固まった石で、気持ちを落ち着かせてリブートさせてくれる石なんです。

劇場を作ってるメインカラーが、赤と金とコバルトで、天井にアコヤ貝が使ってあるんです。
客席は、アジサイがモチーフなんですよ。

商業と舞台芸術を共存させるために、1階を解放してある構造で、すごく素敵なんです。

なんだか、もう、えびさん、人間じゃないんじゃないか。
日生劇場妖精さんなんじゃないか。
みたいな、感慨があるんです。
さすが、ジャニーズ。

ああ、妖精というより、翼のない天使でした。
moonlight walkerで、歌っていました。

アコヤ貝の天井の下で、月の滴の、
翼のない天使。
美しいですね。

だから、えびさんのペンライト、白があるんですかね。
5starsで、白なんでしょけど、真珠の白でもあるのかな、とか。

A.B.C-Z、夏の曲、多いなと思ってました。
あれ、日生劇場が、アジサイモチーフに使ってるからですかね。
河合さんと、とっつーの色ですね。

それで、夏にツアーをして、秋に劇場に帰ってくる、と。
take a ’5’train
ロマンティックですね。
ジャニーさんでしょうか。

冬と春は、個人メインのイメージですが、
ちょっと前から五関さんが、歌舞伎に出張してますね。
楽しいです。

個人的に、5starsが、花崗岩イメージで、moonlight walkerが、アコヤ貝のイメージです。

マグマの情熱と岩の冷静さ、貝や真珠の美しさ、赤や金、コバルトで彩られたアジサイモチーフの可愛らしさ。

あの、A.B.C-Zさんって、人間ですか?

コインロッカーベイビーズ

河合さんと、はっしーの主演舞台です。

とても素敵でした。

作品のテーマが、閉塞と破壊と自立、みたいな、激しい内容ですから、観劇中、幸せに浸れるかというと、微妙ですが、素敵な舞台でした。

とくに、歌が。

音楽劇なので、劇中にキャラクターが歌い出すのですが、ミュージカルとも違って、不思議な感じでした。

宝塚の舞台を、どこか思わせるものがありました。

宝塚では、しない演目ですから、ジャニーズのお仕事になりましたけれど。

宝塚の舞台って、きらきらしていて、悲劇でも、どこか美しくて、物語の世界に浸れて幸せなんですけれど。

コインロッカーベイビーズ。

河合さんとはっしーが、アイドルらしくない、普通のジャニーズじゃない役者さんみたいで。
それにしては、美しすぎるし、可愛すぎるから、やっぱり、ジャニーズのタレントさんなんですけど。

いつも、アイドルという、偶像のお仕事をされているので、独特の世界観があって、ジャニーズの役者さんは、素敵なんですよね。

演劇という、現実の世界でも空想でもない、世界が広がっていたので、
こういう男性、もしかしたら、本当にいるのかもしれない。
なんとなく、そう思っちゃったんですよねぇ。

アイドルじゃない、ジャニーズの役者として歌ってる、河合さんが素敵でした。

コインロッカーベイビーズ、サントラ、欲しいです。

エビちゃんズー

深夜番組だからでしょうか。
BL特集を冠番組で、されるんですね。
時代ですね。

公式でA.B.C-Zが、腐りました。

絵面がすごかったです。

A.B.C-Zが映ってる画面にオメガバースの文字。

貴腐人というものは、すごいんですね。


BL、ナマモノ、ジャニーズ。

オタクが自粛しているのに、公式が推奨するとは。

A.B.C-Z

素晴らしい。

お疲れさまでした。

新婚さん、おかえり。

おかえりー。

遅かったね、今日も。

ご飯にする?
あなたの好きなハートのハンバーグ

それか、おふろにしますか?
もう、沸いてるから。

それとも、あ

(にこにこ)

あたし?

てれる~
てれる~(ふりふり)

じゃあ、
じゃあ、

あたしにする?


(にっこにこ)



これを全部、五関さんが、してくれるって。

あれ、ここ、天国?